2016年8月23日火曜日

風のごとくコンパイルする

風キッズの皆さんお久しぶりです。
今回は風のようにコンパイルする方法を紹介します。
基本的には以前の記事と同じ内容になりますが多少改良を加えてみました。
ここでは/usr/local/binにパスが通っているものとします。

$ sudo vi /usr/local/bin/compile

でコマンドを作成し、以下をコピペしてください。

#!/bin/sh
# Compile C file.
set -Cue

if [ $# == 0 ]
then
    echo "No argument."
    exit 1
fi

if [ -f $1.c ]
then
    gcc -o $1 $1.c -lm -lfftw3 -x c -g -Wall -Wextra ${@:2}
else
    echo "No such a C file."
    exit 1
fi

実行権限を与えます。
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/compile

これでどこでもhoge.cを
$ compile hoge -option1 -option2
でコンパイルできます。

ある順番以降の任意の個数の引数を後ろにつける方法はこちらの記事を参考にしました。
また、gccの警告オプションについての説明はこちらの記事なんかがいいんじゃないかと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿